キョ〜フの令和その2

もう6月も中頃、ということは今年に入って、半年がたったという事ですね。

 

また、一年で一番不快な梅雨の季節。

 

恵みの雨も必要ですが、ゲリラ豪雨などの、災害にまで発展するような大雨は、どうか勘弁願いたいものです。

 

さて、

 

今回の困ったチャンは、この子!

 

トイプードルの男の子。

 

名前は プーちゃん(仮名)が、「食事を食べない、元気がない」との事で転院されて参りました。

 

 

 

そして、何でもかじって、食べてしまうので、

 

「異物を食べた可能性がある」らしい・・・。

 

 

 

掛かり付け医さんで、どこまで検査したかは忘れてしまいましたが、特に異常が見当たらなかったそうです。

 

当院での血液検査での所見は、CRPの数値が軽度に上昇していますが、その他の数値は正常でした。そして、プーちゃん、そんなにグッタリともしていません。

 

また、腹部レントゲンでは、案の定、、、

 

写ってはいけないモノがそこにっ!

 

 

 

ハッキリと写っているので、なんとなく金属のように思えます。

 

しかし、この場所は大腸なので、もうすぐウンチで出ると思われる!

なので、この異物が直接の原因とは考えにくいのではありますが、、、

こんなモノをカジっている以上、レントゲンに映らない異物を飲み込んでいる可能性は十分考えられますね!

 

 

 

あと、飼い主さん情報によると、

 

昨日、この子を抱っこする時に「キャッ!」と鳴いたそうな、、、。

そして、

『ごはんの食べ方がなんか変なの』だそうで、、、ん?

 

 

 食べ方?

 

????

 

 

なんか、閃きそう!

 

 

 

 

 

ん!閃めいたっ。

 

 

 

「見えるぞっ!私にも敵が見える!」ピロピロリ〜ン!

 

 

そうだ、

 

 

く、口の中だっ!

 

 

・・・

 

 

 

 

・・・⁈

 

 

 

 

 

 

アレレ?特に異常はありませんネ〜。 _(┐「ε:)_ズコー

そういえば、口腔は最初にチェック済みでした。

 

 

 

 

 

 

 

食欲がないらしいですが、念のために病院のフードを与えてみると、、、

 

 

これが、なんと、異常な食べ方でした!

 

 

 

例えるなら、えーと、

 

 

 

そう、

↑よしもと新喜劇の池乃めだかさんが、猫のモノマネをして、ご飯を「ウニャ、ウニャ」と食べるのをイメージしてみてくらはい。そう、そう、そんな感じ (;´д`) 若い子は知らんかな。

 

 

 

 

 

 

そこで、私は、

 

 

閃いた!!! もう、ええっちゅうんじゃ〜!

 

 

「ララァ、やっぱり、口だぁぁああ!」←ファンの方、ゴメンなさい

 

 

 

「か、飼い主様!」

 

「レ、レントゲンをもう一度撮らせてね〜!」

 

 

 

 

 背中の金属はマイクロチップだな!

 

  ん? 

 

 

  えっ?

 

 

 

 

 

ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!

 

 

 

 

針が刺さってマスター。コーヒーおかわりっ。

 

 

それも、針穴があるので、縫い針 確定です。

 

 

「か、飼い主様、この縫い針に心当たりが有りますか?」

 

 

飼い主様

 「はーい♡」

 

 

 「・・・・さて、どうしよう?」

 

 

 

かなり危険な場所に刺さっており、

内視鏡の用意から、気管切開する用意までして、摘出に臨みましたが、比較的に簡単に、

特に神経的な後遺症も残らず、キレイに摘出できました。

 

 

 

 

今までに何例か、ネコが[針を糸ごと飲み込む]のは経験がありますが、犬は初めてです。そして、こんな経験は犬ではもう二度と無いと思われます。

 

また、今回は金属なので、たまたまレントゲンに映りましたが、

細い魚の骨や、つまようじ焼き鳥の串なんかは多分わからないと思うので、皆さんくれぐれもご注意くださいね!

 

あと、魚釣りファンのみなさまっ!

 

どうか、自分のイヌ、ネコを釣らないように! ←本当に良くある!!

 

終わり