おおしま動物病院の外観

受付・待合室

 気まぐれに当院のネコがお出迎えすることがあります。ネコ嫌い・猫アレルギーの方は ゴメンナサイ。 受付スタッフ(人間)に「ネコダメ」とお申しつけ下さい。

犬・猫入院室・ICU装置

 ネコちゃんが怖がるので、入院室は犬と猫とは、別にしてあります。冷暖房完備。

第一診察室・第二診察室

 ネコちゃんは広い診察室を怖がる傾向があるので、第一診察室で診ています。

手術室・レントゲン室・吸入麻酔器・人工呼吸器・生体情報モニター  

手術や歯石除去の際は、生体モニターで心臓の状態や、血圧、体温、体内の酸素などをモニタリングしながら、吸入麻酔下にて行います。

歯科用スケーラーと切削用マイクロエンジン

血管シーリング装置

太い血管も、糸を使用せず、安全かつスピーディーにシール(止血)する手術装置です。

 

内視鏡・超音波診断装置

胃カメラとエコーの機器です。これらで “見えてはいけないモノ” を診にいきます。

また、内視鏡は上部消化管の異物の除去や、生検にも有用です。

 

 

最新式動物用ICU装置

動物用ICUは、重篤患者、循環器・呼吸器疾患、手術の前後の管理等にも威力を発揮。

 

 

デジタルX線画像診断装置・自動血球計算器・血液化学分析装置

レントゲン写真を加工したり、血液を詳しく調べる装置が並んでいます。

動物用免疫反応測定装置

今までは、数日かかっていたホルモンの検査が迅速にできるようになりました。

また、猫の急性炎症のマーカーである[血清アミロイドA蛋白]SAAが院内で

測定できるようになりました。